ピンサロ体験談13/初めてのピンサロ遊び方ガイド

ピンサロ体験談13

初めてのピンサロ体験談

【京都府/20歳】

僕は早く20歳になってピンサロに行きたいと、数年前から思っていました。というのも、5歳上の兄がいるのですが、兄に風俗はかなりエロくて良い場所だと聞かされていたためです。兄も20歳のときに初めて風俗に行ったそうですが、兄は、「ピンサロは値段もお手頃で遊びやすい」と言うのです。

そのために、僕もずっと前からピンサロに行きたいと思っていました。しかし、風俗は18歳以上、お店によっては20歳以上でなければ入店できないため、ずっと20歳になるのを待っていたのです。そして、先月ようやく20歳となったために、念願の風俗店を利用することになりました。

利用したのは当然、ピンサロです。数年前からずっと憧れていたピンサロに、初潜入することに。兄からピンサロのことは聞いていたのですが、それでも自分が実際に利用するとなると、緊張感が半端なかったのです。当日の朝から妙に緊張してしまい、いよいよ初ピンサロに行けるという期待と、自分はうまく女の子としゃべれるだろうかという不安がありました。そこで、ピンサロの先輩である兄に、どうすれば緊張が解れるかをアドバイスしてもらったのです。

すると、兄は自然体で良いと言うのです。変に力んだり取り繕ってしまったりするとうまくいかないから、自然体でリラックスして臨むのがベストとアドバイスしてもらいました。これを聞き、僕はできるだけ自然体で、普段のままの状態でピンサロに潜入することにしたのです。

初めてのピンサロということもあって、正直何もわからない状態でしたが、フリーだとリスクが大きいから女の子は指名したほうが良いと兄に教わりました。兄は昔、別のお店でフリーで入ってしまったとき、かなりのオバサンが来たことがあったそうなのです。

僕はそうならないためにも、ピンサロで女の子を指名することにしました。お店に到着し受付で中年男性の方に接客をされ、パネル写真を見せてもらいました。パネル写真は20代の女の子が3人と、30代の人が2人の合計5枚でした。

僕はその5人の中で顔と体型が一番タイプだった20代のやよいちゃん(仮名)を指名。やよいちゃんは清楚な雰囲気ですが、オッパイが大きくて話し方も甘えん坊な感じで、とてもカワイイです。僕はプレイルームに移って、やよいちゃんとプレイをすることになりました。

ピンサロは店内でサービスを受けるのが特徴で、僕が潜入したピンサロはカーテンで仕切られた場所で奉仕してもらいます。初めての体験に僕の心と下半身は大きく反応しそうでしたが、兄から自然体、冷静でいろというアドバイスをもらい、なるべくそうするようにしました。

やよいちゃんが甘えてきても緊張することなく冷静な男を演じて、どっしりと構えました。僕はまったくイケメンではありませんが、イケメンになったつもりで、やよいちゃんに好かれているという体、彼氏になったという体でプレイしました。

ピンサロは疑似恋愛を楽しむところなので、プレイ時間内は恋人を演出するのが楽しいです。僕とやよいちゃんは恋人同士という設定で、僕は彼女とエッチなことをしていると思いプレイしました。やよいちゃんは、僕よりも3歳上の23歳です。ここで働いて1年ほどで、前のお店にも1年ほどいたそうです。なので、やよいちゃんは2年の風俗歴があります。こんなカワイイ甘えん坊な女の子ならば、男からすればすごい嬉しいですね。

もちろん、お客さんに人気となるためにキャラクターを作っている可能性もありますが、それでも男は不思議系の女の子や甘えん坊の女の子が大好きなのです。僕もそのようなカワイイ女の子が大好きなため、やよいちゃんを指名してとても満足しています。

やよいちゃんはキス、フェラ、全身リップ、69が可能で、素股はNGでした。ですが、お手頃価格でカワイイやよいちゃんから奉仕をしてもらえれば、まったく問題ありません。キスやフェラをたっぷりとしてもらい、最後は69をしたまま僕は果ててしまいました。

初ピンサロを終えて、僕は大きな達成感を味わったのです。待ちに待った初めての風俗でしたし、カワイイ女の子に奉仕してもらうことができたため、とても良かったです。次はどこのお店を利用するか決めていませんが、またやよいちゃんと遊ぶ可能性もあります。年上のお姉さんにエッチな奉仕をされるのって興奮します。風俗ってやっぱり楽しいところでしたし、次もまた期待したいです。

ピンサロ体験談14を読む