ピンサロ体験談19/初めてのピンサロ遊び方ガイド

ピンサロ体験談19

花びら回転で何とか2発発射!

【栃木県/37歳】

ピンサロがあれば多分世界平和に寄与するはず。なぜかって?そりゃあショートで気軽にお財布に優しく、クライマックスが迎えられるから!!!

デリヘルやソープみたいなアクロバットでAVみたいなプレイは勿論できないけれど、ソフトにはソフト風俗なりの楽しみ方がある。まず女の子のレベルが比較的高いこと、そして素人系の子も多く、風俗ヘルスとは全く異なる見られ環境で楽しめることもスリリングだろうなー^^

仕事して食べて、ピンサロ行って抜く。また仕事に行って食べてから、夕方・週末はピンサロで抜く。男の人生のルーティーンにピッタリなのがピンサロなんだと思ってる。

外れの少ないピンサロは世代問わず愛され風俗だが、やっぱりその魅力は花びら回転にあると思っている。花びら回転は言わずもがな、数人以上の女の子から変わるがわる責めてもらえるピンサロならではのサービスだ。

さて今回花びら回転ブンブンブンを楽しんだのは東京にある某有名店。最近ピンサロの数がめっきり減った気がするが、だからこそピンサロ文化が消えないうちに絶滅危惧種になり得る花びら回転は楽しむべきだ。

今回は3名の女の子に相手になってもらうが、コスパはやっぱり良好!10000円札で数枚紙幣のお釣りが出るくらいだ。

相変わらずの大音量のミュージック。仕切りがないので恥ずかしいがM男の自分にとってはあまり関係ないし、なにぶん暗いので「隣の男の子にペニス見られた!はずかしい、もう!」なんてことにはならない。

一人目の女の子。うん、昔の夏○マリみたいな感じの妖艶な姐さん。本人は28歳と言っていたけど多分39歳くらいだが、それでもルックスはモデルと言っても通用しそうなレベルなので安心。

ペニスを拭くのが若干雑だが、流石足掛け20年のベテラン(多分)だけある、相当なフェラテクの持ち主だ。「あとに二人控えてるんで、軽めでいいっすよ」と伝えると、ニヤリと笑い、多量の唾液と共にペニスを高速バキュームフェラで責め立て、あっという間に果ててしまった。

「あぁぁぁ、」という情けないうめき声と共に、お疲れ様と夏○マリ嬢が去っていく。お手柔らかにって伝えたのに!

ゼエゼエハアハアと息を切らしていると、「あらあら」と訪れたのが驚きのあき竹○に似た20代の女の子。若いのに貫禄がある、でもとっても優しい。

「もうイちゃったんですね。夏○さん、ああ見えてSっ気が強いってみんな言っていますよ。」とか今更言われても……。ただこの子イイ子なんだけれども、ルックスがタイプではない。

とりあえず密着しオッパイをサワサワ、乳首を吸ってみる。オマンコもシットリ濡れているようだが、賢者タイムだろうか。クンニをしようと思っても、イマイチその気にならない。

くっ、竹○ちゃんには悪いがお話しだけで終えてもらった。

最後の女の子はどんな子だろうか?と思っていたら、アイドルのセンターにいてもおかしくないピンサロ嬢がトリで登場してくれました。「まだ、大丈夫ですか?」と気をかけてくれたが、かなりタイプの子なので自分ペニスも回復↑

ディープキスからスタートし、フェラチオもネットリ系。玉も裏筋もしっかり舐めてくれる、蟻の門渡りもサワサワ触ってくれるので心地よい快楽に包まれる。

フェラだけでは難しいと察知したのか、キスと手コキを合わせてスピードアップの最終兵器。ここで我慢できなくなり最後の最後で、無事に2発目を発射。

流石に30後半にもなると、20代の頃のように何度もイクのは無理だ。ただ今回は2回発射もできたし、S系夏○マリと貫禄竹○、そしてアイドル顔のセンターと、ラインナップに富んだ女の子とプレイできたのは収穫だった。

どの店もそうだが20〜40代まで幅広い層の女の子が在籍しているので、特にフェラ好き男子にはホント良いと思う。

感想としては花びら回転は確かに美味しいところをつまめるオプションだが、それなりに若くないと複数回は楽しめない。時間に追われて、アレもコレもしている暇がないので、元を取ろうとしてしまうがめつい系男子にはオススメできないかもしれないな。

自分としては、あと二、三回はリピートしたいと思う。店のミュージックの系統、暗さ、店員の接客態度に幅のある女性層が今回の評価ポイントかな。

ピンサロ体験談20を読む